五木寛之氏 講演会「人生百年をどう生きるか」

「人生百年時代」、
心の備えはできていますか?

人生哲学や仏教・浄土思想などのベストセラーを多数上梓され、御年八十六歳の五木寛之氏を迎え、講演会を開催します。五木氏は「人生五十年」と考えられていた時のモノサシからの転換、新しい生き方、哲学を打ち立てる必要性について説いておられます。新たな年を迎え、これからの長寿時代を生き抜くためのヒントについて、お話いただきます。ぜひご参加ください。

五木 寛之 (いつき ひろゆき)

プロフィール

1932年、福岡県に生まれる。戦後、北朝鮮より引揚げ。早稲田大学文学部ロシア文学科中退。1966年に『さらばモスクワ愚連隊』で小説現代新人賞、『蒼ざめた馬を見よ』で第56回直木賞、『青春の門』で吉川英治文学賞を受ける。2002年度第50回菊池寛賞、2010年、NHK包装文化省、第64回毎日出版文化賞特別賞を受賞。小説以外にも幅広い批評活動を続ける。代表作に『風に吹かれて』『朱殻の座』『戒厳令の夜』『蓮如』『風の王国』『大河の一滴』『TARIKI』『親笠』(全6巻)などがある。

日時
2019年1月18日(金)14:00~16:00 (開場13:30)
定員
先着 500名 ※要予約
参加費
無料

会場

イイノホール
千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング4F

会場MAP

~満員御礼~
受付終了のお知らせ

定員に達しましたので受付終了しました。
たくさんの申込ありがとうございました。