長谷工シニアの住まいと介護

社長コラム

長谷工グループ入りして、はや3ヵ月

長谷工グループに入って3カ月、早いものです。

会社を連結させるための最初のステップは何とかスタッフの皆がこなしてくれて、次は、将来の事業展開のイメージ作りに取りかかっています。

生活科学運営は創業以来変わらず、「最期まで住み慣れた街中で暮らす」をテーマに事業を行っており、その実現のためにはコミュニティの力を引き出すことが必要と考えてきました。当然、これから作り上げるイメージもそういう姿ですが、これからは単体の企業ではなし得なかったことや、制約条件から解き放たれたところで考えることができるようになりました。一方で、具体的な攻め所や兵站をある程度検討しておかないことには、組織立って動くことも難しくなるので、全くの絵空事になってしまうなぁと気づきました。 

環境を変えると仕事の仕方も変えなければ…などと思いを巡らせながら、今、資料をつくっています。

何だか今日はいつになく真面目なつぶやきです。

 

(写真は、ある日のランチ風景。

本コラムの内容とはとくに関係ありません…。by浦田)

( 2014.2.27 )