長谷工シニアの住まいと介護

広報トピックス

「漢字が教えてくれた幸せ」より

先日、あるハウスのスタッフが、「投稿したエピソードが紹介された」と
本を見せてくれました。今回は、そのご紹介をさせていただきます。
-----------------------------------------------------------------

僕のおばあちゃんの話を聞いてください。
小さい頃、おばあちゃんと一緒に神社に行っておみくじを引きました。
おみくじは「凶」でした。
そのとき、おばあちゃんがひとこと。
「凶の中にある“メ”が、升から出たがっているみたい。
 メが出たがっている。つまり、めでたいってこと」
おばあちゃん、なんて強引な。
当時はそんなふうに思っただけでしたが、でも、
それは本当かもしれないって最近思うようになりました。
成功者に「あなたの人生が変わったキッカケは?」と聞くと、
病気だったり、失恋だったり、いままでやっていた仕事が
急に不振に陥ったり、いわゆる「凶」であることが
キッカケになっている人が本当に多いんですよね。
では、凶は凶なんだろうか?
やっぱり、凶から「メ(芽)」が出てくるんです。

そんなことを教えてくれたおばあちゃんとは、
8月31日にお別れをしました。
おばあちゃん ありがとう。

(KKベルトセラーズ「漢字幸せ読本」〜漢字は答えを知っている〜)
-----------------------------------------------------------------
お別れは本当に悲しいけれど、
ふっと想い出すエピソードは、おばあちゃんが生きてきた証のようにも感じます。

T君、ステキな話しをありがとうございます。

( 2007.6.23 )