広報トピックス

AED(自動体外式除細動器)を設置しています

路上や職場、自宅など、病院以外で発生する突然の心停止。その多くは、「心室細動」と呼ばれる心臓のケイレン(痙攣)によります。そして、そのほぼ半数の方は心臓疾患のなかった方だそうで、発生件数は、年間の交通事故死亡者より多いとのこと。いつでも、誰にでも起こりうる可能性があるということです。

AEDとは、自動体外式除細動器(Automated External Defibillation)の略。
心臓がケイレンし、血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。
日本では、2004年7月より、医療従事者ではない 一般市民でも使用できるようになり、空港や駅・役所・学校など公共施設に多く設置されるようになりました。

でも、心停止後から除細動を行うまでの時間が遅れると、救命率は確実に低下します。そのために、救急車が到着するまで、近くにあるAEDを使用して、一刻も早い除細動を行うことが必要になるのです。
実際に、AEDを使用して救命された例も多く報告されています。(当社のハウスでも、ご入居者の急変時、救急車が到着するまでの間に稼動したことが数回あります)

このような社会情勢を受け、生活科学運営は、運営する全てのハウスに このAEDを設置しています。

AEDは、フロント付近に設置。
「設置していますシール」は、玄関に掲示しています。

当社では、正しい使用方法を習得するため、AEDの使用方法を含めた救命講習会を実施。講習は、新卒研修の必須項目でもあります。

( 2008.10.30 )