広報トピックス

高齢者住宅経営者連絡協議会シンポジウム「今、伝えたい終の住まいの役割」開催

高齢者住宅経営者連絡協議会は5月14日(火)、シンポジウム「今、伝えたい高齢者住宅の役割」を開催します。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
当シンポジウムの開催をよびかけ実行委員長を務めることになった、同会の幹事で株式会社生活科学運営・代表取締役社長の浦田慶信は、開催趣旨を次のように話します。

「サービス付き高齢者向け住宅の登場から2年。利用者はますます、自らの選択眼と判断力をもって住まいを選ぶことが求められるようになりました。住宅型有料老人ホームに類似する点が多いといわれる一方で、病院からの退院後の受け皿と位置づけられるサ付き住宅もあることから、高齢者住宅の分類がさらに複雑化したという混乱の声も聞こえてきます。
各事業者はそれぞれの理念や社会的使命、ビジネス戦略にもとづき、制度を利用しながら創意工夫し多様な商品を提供しているにも関わらず、それが消費者に正確に伝わらないどころか混乱を招く原因になっているとすれば、これほど残念なことはありません。このような社会、制度、業界の状況を打開するために、今こそ、経営者自身が業態を超えて、高齢者住宅の持つ役割をしっかりと発信する機会が必要と考えたのです」


(拡大チラシ⇒コチラ

制度により複雑に分断されている高齢者向け住宅業界において、法人形態、事業形態の垣根を取り払って経営者が集まる団体は、高齢者住宅経営者連絡協議会だけです。ぜひ、ご来場いただき、同会のメッセージを終の住まい選びにお役立てください。


★シンポジウムでは看取りの問題に詳しい医師・石飛幸三さんによる基調講演も!
詳細は高齢者住宅経営者連絡協議会のホームページをご参照ください⇒コチラ

( 2013.4.9 )