広報トピックス

『生活創造のM』118号を発行。特集は、
「これからの高齢者住宅 〜豊かな老いを生きる住まいとは〜」

『生活創造のM』は、生活科学運営が、企業理念、経営方針、活動内容を知っていただくために、年2回発行している交流誌です。

 
  通巻118号(1/1発行)の特集は、
「これからの高齢者住宅」。
福祉の基盤が“住まい”にあるということに、ようやく社会全体が気づき始めたようです。
  多様化する高齢者住宅が見直され転換していく過渡期。私たちはどのような“住まい”を求めていけばよいのでしょうか。
今号の特集では 社会や当ハウスの課題、そして 豊かな老いを生きる住まいとはどのようなものなのかを、社内外の人に語っていただきました。
      ◎座談会:私たちが求める高齢者の住まい
             ・村田幸子さん(福祉ジャーナリスト)
             ・江森 實さん(ライフ&シニアハウス千里中央 入居者)
             ・今村敏雄さん(株式会社 連空間設計 代表取締役)
             ・井上亮子さん(NPO法人福祉マンションをつくる会 理事長)
      ◎インタビュー:私たちがつくりたい高齢者住宅

「生活創造のM」は、ご希望の方に送付します(無料)。ぜひ、ご一読ください。
お申込みはこちら>>

( 2011.1.1 )