長谷工シニアの住まいと介護

広報トピックス

生活創造のM、表紙をカラ―にリニューアル

年に2回発行している交流誌「生活創造のM」。いきいきとしたハウスの暮らしの魅力をもっと伝えたい、という思いから、表紙をカラ―にしてみました。従来の雰囲気は踏襲しながらも新鮮な装いの「M」。いかがでしょうか。

 

目次


インタビュー:生活科学運営の設計のこだわり
part1 自立型ハウスのお住まい拝見
(コラム)わんちゃん、ねこちゃん、お住まい拝見
part2 介護居室も自宅です
part3 家族近居のお住まい拝見

特集は「入居者のお住まい拝見」。当社のハウスにはさまざまな広さと間取りがあり、コンパクトな1人暮らしをされる方、広い居室で夫婦や姉妹、友人で住まう方、ペットと一緒の方など、入居者は自身のライフスタイルに合わせた暮らしを送っています。今回は、入居者のお部屋にお邪魔して、住まいや暮らし方のこだわりをお聞きしました。

 

また、あまり知られていませんが、当社は社内に設計事務所を置いています。通常のマンションとは違う難しさがある高齢者住宅の設計。その管理を担う当社開発部の管理建築士、坂口博昭(一級建築士)のインタビューも掲載しています。

 

ぜひお手元にお取り寄せいただき、ご意見・ご感想をお聞かせください。

閲読希望の方は無料で差し上げます。お申込みはこちらへ→

( 2014.7.17 )