運営実績

30年以上にわたって高齢者住宅をつくり続けています。

生活科学運営は地域コミュニティづくりを大切に、センチュリーライフは「ジェントルブリーズ」(※1)をサービスコンセプトに、共に30年以上にわたってシニア事業に特化して事業を継続してきました。

公的介護保険が始まる10年以上前から高齢者住宅をつくり続けている民間企業は数少なく、運営の実績とノウハウを積み重ね、40棟を超える高齢者住宅を運営するに至っています。

ここに認知症専門のデイサービスを運営するふるさとが加わり、それぞれが持つ特性を生かしつつ、生涯にわたってお客さまをサポートする企業グループを目指しています。

(※1)我が家で暮らすような心地よさと安心感に包まれながら過ごしていただくため、ご入居者が一番心地よいと感じる、最も気持ちのいい風を「ジェントルブリーズ」と名付けサービス提供しています。

シニアハウス新町

シニアハウス新町

厚生年金会館の隣という街中に開設した「シニアハウス新町(大阪市西区)」 (1988年開設・生活科学運営)。
現在、コンビニが入る1階には、当初、民間初のデイサービスを併設。

センチュリーシティ大宮公園

センチュリーシティ大宮公園

文化的・創造的活動の場となる共用施設をふんだんに組み込んだ「センチュリーシティ大宮公園・本館」
(1989年開設・センチュリーライフ)。

ふるさと

ふるさと

認知症を専門とする定員12名の
小規模デイサービスを
横浜市と川崎市で50カ所展開。